• 文字の大きさ  

ナラティブベイスドメディスン

物語に基づく医療-ナラティブ・ベイスド・メディスン Narrative Based Medicine(NBM)とは?

現代の医療は、大多数の人々を対象に行った臨床試験の結果から導き出された、科学的根拠に基づいて行われています。集団から得られた有効性のある診療を行うこうした医療を、Evidence Based Medicine (EBM)といいます。

しかし、集団から得られた結果をすべての人に当てはめることは問題もあります。人には個性があり、人生や健康、病に対する価値観がそれぞれ異なります。ですから、最良の医療を提供するのに集団から得られた結果を当てはめることが適切ではない場合もあります。つまりEBMだけが医療の中心となるものではないのです。患者さんには生きてきた人生、「物語」があり、信念があります。NBMにおいては患者さんを対象ではなく「主体」として尊重し、「病」を人生という大きな物語のなかで展開する「一つの物語」ととらえます。患者さんを「病者の物語」の語り手、病の経験の専門家として尊重します。医師の経験や学識、さらにEBMは医療者側の物語として捉え、診療方針は両者の物語を擦り合わせ、新たな物語をつくりだしてゆく中から導かれます。

NBMは「治療を受ける側が自ら語り出す物語り(ナラティブ)を重視し、対話を臨床現場に生かそうとする方法論」です。 一人ひとりの信念や価値観、社会的背景を誠意ある対話を通して理解し、さまざまな問題の解決に向けた「新たな物語り」の手助けをすることを目的としています。 私たちは、すべてのスタッフがNBMについての理解を深め、傾聴と対話と共感によって、その方の今までの人生の物語をまず語り出していただける環境づくり、そして、これからの人生の物語を紡ぎ出すお手伝いをします。そうすることで、お年寄りや終末期の方が人生を肯定的に捉えるようになり、心のケアにつながります。
私達は、その物語を支えるための医療と介護を提供することを実践しています。

Feature

里山療法
里山療法とは、園芸療法と森林療法を組み合わせた医療法人わかば会の 独自の取り組みです。里山療法とそれを実践する魔法のガーデン、オルソープガーデン誕生の物語をご覧下さい。。。
  • 生活習慣病予防と治療
  • 生活習慣病予防と治療
    生活習慣(食事、アルコール、タバコ、運動不足、不良な睡眠など)によって引き起こされる病気、糖尿病・高血圧・脂質異常症やそれらを基盤としておこる心筋梗塞・脳卒中は生活習慣病として知られています。。。
  • わかばテラス
  • わかばテラス
    安心と信頼の日常を創り出す「わかばテラス」は、「医・食・住・楽」をコンセプトに、おひとりおひとりが笑顔で健康に過ごせる施設を目指しております。。。
  • 東洋医学
  • 東洋医学
    現代医療の中心は西洋医学です。西洋医学は病気そのものに的を絞って治療をしますが、東洋医学は全身のバランスを整えることで身体が本来もっている治癒力を高めるようにアプローチする医療です。。。